『エヴェレスト 神々の山嶺』を見た。阿部寛の足が長かった。

※ちょっとネタバレあり。


どんな作品でも原作と映画は別物としてみるので、あれがないこれがない、こんなのは原作になかった…というようなことはあんまり気にならないタチです。
ただ、映画は「エヴェレストに登るってのがどういうことか」というのがちょっと弱かった気がする。
まぁ、エヴェレストが最高の山だ、ということで結局本質は「山」なんで、「山に登るのは、俺がいるから」っていう羽生(阿部寛)の、ほかに在りようがない狂ったかんじが見られればそれでだいたい満足だっただろうと思いますが、役者に頼りすぎ。
深町(岡田くん)に至っては、ぽっと来たカメラマンが最後にはあっさり(ではないですが結果からすると)登った、というふうに見えた(笑)
羽生が挑戦したのは南西壁で、その後、深町が一人で登ったのはノーマルルートですが、それにしてもねぇ。
本当は時間をかけて高所トレーニングをするんですよね。

役者は良かったです。
阿部さんのぎらぎらした、削ぎ落とされた感、良かったです。
岡田くんってアイドルですよね。あの男前をあれだけぶっさいくにする山って確かに怖い。
顔はむくむわ日焼けするわで迫力あった。
羽生はともかく、深町は演じにくかったと思うよ。だって何がしたいのかよくわからないんだもん。

しかし、山の映像や雪の映像で「怖い」「寒い」があんまり伝わってこないのは問題じゃないでしょうか。
「こんな所登れっこない」という絶望感とか、それでも登る羽生の凄さとか、もう少し出んもんでしょうか。
「さすが現地ロケだ」と思う部分ももちろんありましたが、あんまり怖くないというかお上品というか、巷の登山家の写真のほうが怖い。
ネパールの街の風景は良かったです。

もうひとつどうかなと思ったのは、動機がわかりづらいところ。
羽生がどうしてあれだけの執念を燃やして山に登るのか、それを深町が追いかける話だと思うのですが、そもそも深町が羽生に思い入れていく過程が駆け足なので、野心家のカメラマンがなんとなくついていって邪魔したようにも見えてしまう。彼を助けることで羽生も救われるんですけどね。

あとは、深町が「やまや(山家)」だった、という一回だけの台詞が聞き取りづらかったり、「おにすら」の説明がなかったり、ちょっと不親切。
冬のオニオンスライス……?! ではなく、「鬼スラ」で、スラブは岩壁のこと。鬼、はなんのことか忘れましたが、要するに登攀が難しいってことかと。

いくつか笑いそうになったポイントがあって、
「冬季南西壁単独無酸素……!」
と突然羽生の狙いを見抜く深町。なんでや。
冬季、が何をさすのか説明はなく、どうして「無酸素」と思い至ったかもどういう意味かも説明はない。
「漢字を並べれば観客はなんかすげえ!って思うだろう」って思われているのか。
南西壁がどんなところのか、というのも、もうちょっと「これは人間には無理」っていう描写があれば良かったなぁと(映像はあるんですよ。垂直の高い岩壁が。でも、羽生は天才クライマーだから行けるのかな、みたいになる)。

・なんで写真燃やしてしもたん?

・ひどい目に逢って帰ってきた深町が飲んでるところに入ってきて、「山で死ねたら本望だよ~」とか最高のタイミングで笑いあう学生(笑)
何のためのシーンなのかよくわからないが、とりあえずどんだけご都合ですか。

・突然「あなたはどれだけの命を奪えば気が済むんですかー(うろ覚え)」と叫びだす岸涼子(尾野真千子)。
山に向かって言ってるんだと理解するまでに数秒を要しました。
山を敬語でののしるってシュール。
そのうえ、「ああ、この人は山は山としてあるだけだってわかっているんだけど、お兄さんを失くし恋人を失くし、どうしてもそう叫ばずにいられないぐらいつらいんだな」と慮らなければならない。

・なぜおまえはここまで来たのか、と羽生の亡霊に訊かれて、
深町「わからない!」
羽生「そうか……わからないか……」

誰にもわからないまま映画が終わる。

・「俺に憑りつけ!」
確かに体を背負っては帰れない。小説では本当に連れて帰ろうとして「何やってるんだ」と我に返るが、映画では難しかったのでしょう。

・最後の千鳥足。あれじゃ、あそこから尾野真千子までだって辿り着かないよ!

となかなか面白かったです。
羽生に向かって一生懸命叫ぶも高い所で声が出にくい感じとか良かったし、(これは現地でなくても撮れるでしょうが)強風でばたばたいっているテントの中で二人膝を抱えているシーンも良かった。アイスフォールの映像も「わーっ」てなったし、良いところもありました。
あれだけやってるのに、どうしてか「エヴェレストってやっぱりすごい」と圧倒的な自然を感じられなかったのは不思議です。

ともかく、役者は良かったです。

神々の山嶺(上) (集英社文庫)

神々の山嶺(上) (集英社文庫)

神々の山嶺(下) (集英社文庫)

神々の山嶺(下) (集英社文庫)

原作は夢枕獏
いつ幻獣が出てくるかとひやひやしていましたが、調査と経験に基づいた立派な山岳小説でした。